Blog&column
ブログ・コラム

第二種電気工事士は取ったほうがいい?メリットをご紹介

query_builder 2021/05/22
コラム
electrician-electricity-outlet-power
電気工事士の中でも二種とも呼ばれる、第二種電気工事士を取得すれば、これまで関われなかった工事にも関わることが可能になります。
電気工事の仕事をするなら、第二種電気工事士を取得しておいたほうがいいでしょう。
そこで今回は、第二種電気工事士を取得するメリットについてご紹介します。

▼第二種電気工事士を取得するメリット
電気工事の仕事をするうえで、第二種電気工事士はほぼ必要な資格と言えます。
資格を取っておくことにより、仕事の幅は確実に広がりますよ。

■評価されやすくなる

第二種電気工事士を取得すること自体はそこまで難しくありません。
しかし、資格を持っておくことによって、自分がどの程度の技術と知識があるかが証明されます。

例えば、同じくらいの電気工事経験を持つ2人がいて、1人は資格保持者、もう1人は資格なしだと、資格を持っている人のほうが評価されやすいです。

■仕事に困らない
電気を扱う工事は、今後の社会から見ても増え続けることが予測されます。
そのため電気工事の仕事もなくならないので、第二種電気工事士の資格を持っておけば、仕事を続けることができます。

■成長できる
第二種電気工事士の仕事は、正直大変な面もあります。
なぜならやることは沢山あり、扱わなければいけない範囲は広いからです。
第二種電気工事士として経験を積むことによって、現場のあり方や他業種との関わり方も学べるので成長することができます。

▼まとめ
第二種電気工事士は電気工事士の中でも基礎となる資格です。
基礎となるからこそ、できるだけ取得するようにしましょう。
第二種電気工事士を取得すれば、電気工事士としての活躍の場が広がりますよ。

NEW

  • 横浜エリアで空調技術者募集

    query_builder 2021/02/25
  • 正社員として雇用された場合の残業時間とは

    query_builder 2021/12/01
  • 正社員の労働時間はどのくらい?

    query_builder 2021/11/15
  • 正社員の有給はどうやって取る?有給休暇の取り方を解説

    query_builder 2021/11/01
  • 正社員の定義って?正社員の定義とメリットをご紹介

    query_builder 2021/10/15

CATEGORY

ARCHIVE