Blog&column
ブログ・コラム

空調設備の種類について

query_builder 2021/03/21
コラム
building-metal-horizontal-ventilation
空調設備にはいろいろな種類があり、設置する場所や条件などによって適切なものを選ぶ必要があります。
そのため、まずは空調設備の種類を把握しておきましょう。
そこで今回は、空調設備の種類について解説していきます。

▼個別空調
個別空調は、フロアごとに違う会社や店舗が入っている雑居ビルなどで取り入れられるシステムです。
個別空調はテナントのスタッフや従業員が管理していることが多く、管理人室などで使用状況を確認できるビルもあります。

▼セントラル空調
セントラル空調は、空調を制御室でまとめて管理するシステムです。
商業施設などでは全フロアで常に人が出入りしています。
また、全てのフロアで空調が必要な時間が決まっていることがほとんどなので、制御室でまとめて管理する方法が主流になっています。

▼天井埋め込みカセット形
天井埋め込みカセット形は、本体が天井に埋め込まれ化粧パネルのみが表面に出ます。
そのため、見た目がシンプルでデザイン性に優れています。

▼ダクト形
ダクト形は、本体が天井に埋め込まれ吹出口と吸込口のみが表面に出ています。
自由にレイアウトすることができるので、室内の温度を均一に保つことが可能です。

▼壁掛形、天井吊形
本体が壁や天井にそのまま設置されるタイプで、家庭用エアコンがこれに当てはまります。

▼床置き形
本体を床に置くタイプで、壁や天井に設置できない場合に使用されます。
設置時に工事が必要なく、短時間で設置することが可能です。また、掃除や手入れがしやすいのが特徴です。

▼まとめ
空調設備にはさまざまな種類があり、設置する場所によって空調の種類も変わります。
弊社ではこれらの空調設備の整備を行っています。
空調工事に興味のある方は、ぜひご連絡ください。

NEW

  • 横浜エリアで空調技術者募集

    query_builder 2021/02/25
  • 第一種電気工事士とはどんなもの?1種の内容についてご紹介

    query_builder 2021/06/22
  • 電気工事の組合に入るメリットとは?

    query_builder 2021/06/15
  • キャリアアップには欠かせない?電気工事施工管理技士についてご紹介

    query_builder 2021/06/08
  • 電気工事士で必要な資格をご紹介

    query_builder 2021/06/01

CATEGORY

ARCHIVE